第64回全国野菜園芸技術研究会熊本大会

5年後の「食」と「野菜」を考えて、いま、すべきこと をテーマに、
後継者や若手生産者が夢と意欲を持てる魅力ある農業を実践し、野菜園芸経営を安定的・持続的なものにするため、
生産・流通・販売・経営の事例に学び、野菜生産者同士の情報交換を活発にして、
技術向上や経営発展を目指しましょう。

開催案内・参加申込書こちら(pdf)



会期
  2019年7月16日(火)〜17日(水)


会場
  7月16日:熊本市「くまもと森都心プラザ」5階ホール


  生産者事例発表(順不同)
   「AIを活用した灌水施肥技術導入によるトマト経営」
    JAうつのみや トマト研究部 長嶋農園 絹島グラベル 代表 長嶋智久氏
    <ココが聞きどころ

   「ナスの安定多収のための栽培技術と経営管理」
    〜仲間や研修生と共に歩むデータ農業に向けて〜
    高知県安芸市 宮ア農園 代表 宮ア武士氏
    <ココが聞きどころ

   「IPMを取り入れた熊本県育成いちご品種「ゆうべに」の栽培」
    JAたまな 横島イチゴ部会 前部会長 岩本正治氏
    <ココが聞きどころ

   「熊本県における環境制御技術の現状」
    〜自分の理想を求めて〜
    JAやつしろ トマト生産者 橘昌史氏
    <ココが聞きどころ

  7月17日:JAやつしろ管内の野菜栽培・選果施設等視察研修(バス移動)

   視察先:八代地域の低コスト耐候性ハウス <ココが見どころ
         JAやつしろ 中央トマト選果場 <ココが見どころ

交流懇親会
  7月16日:「ザ・ニューホテル熊本」


会場では園芸機器・資材・種苗の展示会を同時に開催して、生産者の皆様とメーカーの情報交換の場も設けます。

展示出展要領・申込書は<こちら(PDF)

出展者名はこちら>(準備中)

2日目は、JAやつしろ管内の栽培ハウスとトマト選果施設と視察研修します。
みなさまで、お誘い合わせの上、ご参加ください。

第64回全国野菜園芸技術研究会 熊本大会
主催:全国野菜園芸技術研究会
後援:農林水産省、熊本県、JA熊本中央会、JA熊本経済連、熊本県野菜振興協会、日本施設園芸協会、JA全農、農林中央金庫



開催要領・参加申込書
こちら(pdf)

参加申込書
こちら(word版)
こちら(PDF版)


参加費領収証については<こちら>をご覧下さい。

会場案内
こちら(外部リンク)